Q&A

 よくご質問をお受けする内容とそのお答えについて、説明させていただきます。Q&A以外のご質問についても、お気軽 にお問い合わせください。


Q: 発達障害って何ですか?
Q: 親のしつけの問題と周りから言われます。私が悪いのでしょうか?
Q: 自分の子もそうかも・・・、でも診断を受けたくありません。
Q: Social Skillって何ですか?
Q: どうしてSSTが必要なんですか?
Q: 具体的にはどのようなことをしますか?
Q: 料金はどのようになっていますか?
Q: レッスン中は、保護者の付き添いが必要ですか?
Q: 医師の診断や手帳の取得は必要ですか?
Q: 見学はできますか?
Q: 教材などを購入する必要はあるのでしょうか?
Q: スタッフはどのような構成になっていますか?
Q: レッスン時間はどのようになっていますか?



Q:発達障害って何ですか?
A:最近よく耳にするようになった発達障害という言葉ですが、法令上の定義としては、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎 性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するも の」と、されています。感覚や認知、人間関係や社会性などの機能にかたよりがみられることが多く、”人とうまく関われない”、” じっと座っておくことができない”、”こだわりが強い”などといったことがあり ます。



Q:親のしつけの問題と周りから言われます。私が悪いのでしょうか?
A:発達障害は、親のしつけやストレスによって生じるものではありません。



Q:自分の子もそうかも・・・、でも診断を受けたくありません。
A:発達障害かどうか分からない、診断をされるのは嫌といった場合もあると思います。ただ、障害の有無にかかわらず二次障害、三 次障害を引き起こさないためにも、上記のような傾向のある子どもたちには、早期の対応が必要となります。



Q:Social Skillって何ですか?
A:Social Skillとは、社会的な技能のことです。集団場面や人とのコミュニケーションで必要となる技能や地域社会での生活で必要となる技能を指します。本来、成 長の中で躾けられたり、観察学習して自然に身につけていくものとして捉えられます。



Q:Social Skills Trainingって何ですか?
A:Social Skills Training(SST)では、社会的なルールの理解やコミュニケーション技能の獲得、また感情のコントロール技能の獲得などを中心に実施していきま す。
 SSTの中では、教示(ていねいな説明や指示をすること)、モデリング(お手本を示すこと)、ロールプレイニング(実際にやっ てみること)、フィードバック(評価を返すこと)を中心に行っていきます。そこで獲得したことを、子どもたちの生活の中に般化で きるよう支援していきます。



Q:どうしてSSTが必要なんですか?
A:発達障害を抱える子どもたちは、普段の生活の中でSocial Skillを観察学習していくことが苦手です。そのため、計画的・意図的に設定された場面で学び獲得していく必要があります。



Q:具体的にはどのようなことをしますか?
A:コミュニケーションを中心とした基本的なソーシャルスキルを獲得を目指してトレーニングをします。例えば、クイズ形式であい さつのトレーニングをしたり、ゲーム方式で場面を応じた対応を考えていったりと、子どもたちが楽しんでソーシャルスキルを獲得で きるように設定しています。その他、コミュニケーションのルールの理解や表情や気持ちの理解、また、お金や時間の管理など、様々 なソーシャルスキルをターゲットとして取り組んでいます。



Q:料金はどのようになっていますか?
A:料金は月謝制です。詳細はこちら をご覧ください。



Q:レッスン中は、保護者の付き添いが必要ですか?
A:レッスン中は、子どもたちが集中して自立して取り組めるよう、基本的には保護者の方の同席はお断りさせていただいておりま す。



Q:駐車場はありますか?
A:ございます。なお、デイサービスとの兼用になっておりますのでご了承ください。



Q:医師の診断や手帳の取得は必要ですか?
A:当スクールは子どもの受け入れに際し、診断や手帳の取得の必要はありません。



Q:見学はできますか?
A:できます。お電話でご予約の上、お越しください。



Q:教材などを購入する必要はあるのでしょうか?
A:当スクールで使用する教材は、スクールにてご用意させていただいております。入会にあたって、教材を購入していただくことは ございません。



Q:スタッフはどのような構成になっていますか?
A:当スクールのスタッフは、作業療法士と看護師で構成されています。より効果的なSSTを提供できるように専門職で取り組みま す。



Q:レッスン時間はどのようになっていますか?
A:レッスン時間はこちらをご覧ください。 レッスン時間を平日の夕方や土曜日を中心にすることで、子どもたちが属しているコミュニティに参加したまま、必要な技能を獲得し ていくことができます。